「第45回国際化学オリンピック ロシア大会」結果発表、日本代表全員が銀メダルを獲得!

2013年07月24日

世界約70カ国・地域の高校生が化学の実力を競い合う“化学の祭典” 『第45回国際化学 オリンピック ロシア大会』(7/15〜24 於:モスクワ)に参加した日本代表生徒4名全員が銀メダルを獲得しました。
 
詳細はコチラ(文部科学省発表資料)をご覧ください。
 
【国際化学オリンピック大会の概要】
○国際化学オリンピックは1968年に東欧3か国(ハンガリー、旧チェコスロバキア、ポーランド)にて第1回大会が開催された
○2013年のロシア大会は、第45回目
○日本は、2003年から参加を開始し、毎年4名の生徒を派遣。本年は11回目の参加
○昨年のアメリカ大会は、72か国・地域、283名の生徒が参加し、日本の成績は金メダル2名、銀メダル2名であった
○本年は、73か国・地域から291名の生徒が参加し、日本は銀メダル4名であった

▲ページトップ